top of page

名古屋で融資申請する方法と税理士へ依頼するメリット


名古屋で事業に関する融資を受けたい場合、どこへ申請すればよいのでしょうか。申請する方法や、税理士へ融資申請を依頼するメリットについても知りたいところです。

ここでは、名古屋で融資申請する際の窓口や申請方法、融資申請サポートを税理士へ依頼するメリットがあるのかについて紹介しています。


名古屋で融資申請する場合の窓口

名古屋で事業に関する融資申請できる窓口には、以下のようなところが挙げられます。


都道府県の制度融資

名古屋市や愛知県が行っている、信用保証協会と連携して金融機関から融資を受ける制度です。「制度融資」とも呼ばれ、開業や会社設立時など、経営実績がまだない際の事業資金調達先として選ばれる融資制度の1つでもあります。

名古屋市信用保証協会の制度融資の場合「事業を開始して5年まで」「上限2,500万円」「返済期間7年」といった条件があり、審査にかかる期間は2~3ヶ月となっています。

日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫の融資制度は、新規に事業を始める際や中小企業の資金繰りなどで利用できる半ば公的な金融機関の1つです。

近年では新型コロナウイルス特別貸付など、民間の金融機関ではカバーできない事業について、国がさだめた法律に基づいた融資制度が用意されています。

新創業融資制度では「事業開始後2期を経過していない」「上限3,000万円」「返済期間15年(設備資金の場合)」といった条件があり、審査にかかる期間は1~1.5ヶ月となっています。


名古屋の融資申請を税理士へ依頼するメリットは?

上記のような融資制度へ申し込む際、申請支援を税理士などの専門家へ依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

申請準備にかかる時間と手間を抑えられる

融資申請には、事業計画書や申請申込書など、多くの必要書類の提出が必要となります。それぞれを取り寄せてミスのないように記載し、将来性や事業の有益性をアピールした計画書を準備するのは、慣れていないと相当の手間と労力がかかります。

これらの申請サポートを税理士へ依頼することで、自身は開業に向けた営業活動に専念することが可能です。


審査のポイントを押さえた書類提出ができる

各種融資申請のサポート実績が豊富な税理士事務所であれば、審査の際にどこをチェックされるか、どこを重点的に見られるかといったポイントを知り尽くしているため、審査を通過して希望額の融資を受ける可能性が高まります。

完全成功報酬型の依頼ができるところであれば、融資を受け取った後に報酬を支払えるため、負担感なく依頼することが可能です。


申請後の助成や補助、資金繰りに関するアドバイスも受けられる

税理士は税金の申請だけでなく、資金繰りや節税といったお金のプロでもあります。融資申請時のサポートだけでなく、開業後に使える助成制度や資金面でのアドバイスが受けられる点も大きなメリットの1つといえるでしょう。


名古屋事業・創業融資サポートセンターは、税理士法人伊勢山会計が運営している創業融資サポートの専門センターです。煩わしい書類準備や申請にかかる手間と時間から解放されるだけでなく、融資額の増額やスピードアップが叶う確率も高まります。

小規模事業者や個人事業主の融資支援にも対応していますので、フリーダイヤルからお気軽にお問い合わせください。


まとめ

名古屋で事業に関する融資申請する代表的な窓口としては、都道府県の制度融資と日本政策金融公庫の創業融資に大きく分けられます。

どちらも申込条件や融資枠、審査にかかる期間などが微妙に異なるため、自身に合った融資プランを事前に把握して申請することが大切です。必要に応じて専門家へ相談しながら、希望通りの融資が受けられる方法を探しましょう。

Comments


bottom of page