あま市で起業する際の融資申請は?日本政策金融公庫の所在地と町の概要について

最終更新: 2019年11月7日



愛知県あま市内で起業や開業を考える場合、開業資金や運転資金として日本政策金融公庫の創業融資を検討する人は多いのではないでしょうか。その場合、どこの日本政策金融公庫へ申請すればよいのでしょう。


ここでは、あま市の概要や町の魅力とあま市で起業する際のポイント、あま市での起業時に創業融資を申請する日本政策金融公庫の所在地についてご紹介しています。


愛知県あま市の概要

愛知県あま市の概要は以下の通りです。


愛知県西部にあるベッドタウン

愛知県あま市は、愛知県の西部に位置する市で、名古屋市や清須市、津島市にも面したエリアです。


名駅などの中心都市から交通機関利用で最短15分ほどとアクセスが良く、名古屋市のベッドタウンとしても機能しています。


都心に近くのどかな自然も多いため住みやすい

名古屋周辺の地域が持つ特徴として「都会と自然」「古い街並みと新しい店舗の共存」といったバランスの良さが挙げられますが、あま市もその特徴を持っている市の1つです。


のどかな田園地帯と名駅周辺の高層ビル群が同時に見渡せる風景は地域の利便性を物語っており、甚目寺観音や萱津神社、蜂須賀蓮華寺などの寺社仏閣も多く、その住みやすさから近年市内の人口も増加傾向にあります。


あま市で起業する際のポイントは?

あま市で起業する際に留意しておきたいポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。


開業準備と融資申請時の書類は効率よく準備する

個人事業や小規模な経営、店舗開業時などで利用できる融資制度として、日本政策金融公庫の創業融資が一般的です。


銀行の融資に比べて比較的審査が通りやすく、金利も安いのが創業融資の特徴ですが、審査を通過するためには、事業計画書やその他書類などをしっかりと準備しておく必要があります。


開業準備と同時進行で書類を作成するのは、慣れていないとなかなか大変です。可能であれば、創業融資に実績のある税理士など、プロのサポートを受けて進めるとよいでしょう。


あま市で創業融資を申請する際の日本政策金融公庫は?

愛知県あま市で起業をする場合、創業融資の申請先となる日本政策金融公庫の支店はどこになるのでしょうか。


あま市が業務区域の日本政策金融公庫の支店

あま市が業務区域となっている日本政策金融公庫の支店は以下の通りです。

名古屋支店:450-0002名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル

国民生活事業 052-561-6301

中小企業事業 052-551-5181

最寄り駅:各線名古屋駅、国際センター駅

名古屋支店は、このほか名古屋市西区、名古屋市中村区、津島市、清須市、大治町、蟹江町なども業務区域としています。


名古屋市内にある日本政策金融公庫は、他に以下の支店があります。


名古屋中支店:460-0003名古屋市中区錦1-11-20大永ビル

国民生活事業 052-221-7241

最寄り駅:各線伏見駅

業務区域:中区、千種区、東区など


熱田支店:456-0025名古屋市熱田区玉の井町7-30

国民生活事業 052-681-2271

中小企業事業 052-682-7881

最寄り駅:地下鉄名城線神宮西駅・JR熱田駅

業務区域:中川区、天白区瑞穂区、熱田区、港区、緑区など


日本政策金融公庫の支店は上記3店舗のほか、愛知県内にも3店舗あり、合計6つ支店があります。


創業融資の申請・相談は「国民生活事業」が担当しており、中小企業融資の申請・相談は「中小企業事業」の担当となり、起業者の本社所在地が業務区域となっている日本政策金融公庫の支店へ創業融資を申請することとなります。


あま市は愛知県の北西部にある市で、名古屋市にも近く、名古屋のベッドタウンとして人気のエリアです。


また、起業時の創業融資申請先は名古屋支店となります。開業時は予想以上にバタバタしがちなので、事業計画書やその他資料の準備、チェックには創業融資に強い会計事務所のサポートも受けて手続きを進めると安心です。



(c) 名古屋創業融資サポートセンター 運営:株式会社コンサルト