top of page

愛知で創業融資を受けるには?申請時のポイントなどを紹介!


愛知県内で開業や会社設立など、創業時に利用できる融資制度はあるのでしょうか。申請方法や融資を受けやすくするポイントなども知っておきたいところです。

ここでは、愛知で申請可能な創業融資の概要に加え、申請時のポイントについてわかりやすく紹介しています。

愛知で利用できる創業融資の種類

愛知県内で利用できる創業融資には、以下の2つが挙げられます。


日本政策金融公庫の新創業融資

愛知で利用できる創業融資制度のひとつが、日本政策金融公庫の新創業融資です。日本政策金融公庫は「日本公庫」とも呼ばれる国が管轄している金融機関で、民間の金融機関の業務を補完することを目的として運営されています。

通常、銀行などの金融機関では、担保や経営実績がないと融資が難しい場合がほとんどです。日本政策金融公庫では、新規に事業を立ち上げようとしている経営者や中小企業を守るため、一定の要件に該当する企業へ無担保、無保証人で融資を行っています。

愛知県の制度融資

もうひとつ、愛知で申請できる創業融資として「制度融資」があります。制度融資とは、都道府県と信用保証協会が連携し、担保や経営実績のない経営者でも銀行や信用金庫などで融資を受けられる制度です。

金融機関と保証協会の審査を通過する必要があり、審査を通過するのに2~3ヶ月程度かかることがあります。

新創業融資や制度融資を申請する際のポイント

新創業融資と制度融資のいずれも、自力で申請して融資を受けることが可能です。申請する際のポイントについて解説します。


事業計画書などの提出書類が重要となる

創業融資を申請する際、無担保や無保証人で審査を通過するためには、立ち上げようとする事業の将来性についてアピールすることが大切となります。会社を設立してから事業を大きくするまでの期間や計画など、事業に対する熱意はもちろん、現実的かつ具体的な数字での記載が必要です。

融資要件を満たしているかの確認も必要

日本政策金融公庫の新創業融資と愛知県の制度融資は、どちらも創業時に利用できる点は同じですが、申請できる要件が微妙に異なります。

どちらの融資制度が自身に合っているかを見極めて申請しないと、審査を通過できない可能性が高まるため、融資制度の概要や利用できる要件についてしっかりと事前に確認した方がよいでしょう。


創業融資の申請で困ったら専門家へ相談しよう

創業融資は自力で申請できるとはいえ、審査において重要な情報や銀行が書類のどこを見るかなど、融資手続きに慣れていないとポイントを押さえた申請は難しいものです。

たとえ審査に通過したとしても、希望する額の融資が受けられない可能性もあるでしょう。スムーズに審査を通過して希望額の融資を受ける可能性を上げるためには、創業融資の取り扱い実績が豊富な税理士などの専門家へ相談するのがおすすめです。

初回無料の相談予約などを利用すれば、費用をかけずに相談してアドバイスを得ることもできます。丁寧に話を聞いてくれそうか、コミュニケーションの取りやすさなども含めて、相談後に依頼するか検討するとよいでしょう。


まとめ

愛知で創業融資を受ける際には、日本政策金融公庫の新創業融資と愛知県の制度融資のいずれかを利用するのが一般的です。いずれも自力での申請が可能ですが、審査に通過して希望額の融資を受ける可能性を上げたいのなら、手続きのポイントを押さえた専門家へ依頼するのがおすすめです。

名古屋事業・創業融資サポートセンターでは、名古屋はもちろん愛知県内での創業融資サポートに強い税理士が無料相談に対応しています。まずはフリーダイヤルより、お気軽にお問い合わせください。

Comments


bottom of page