名古屋市昭和区で開業!町の概要と最寄りの日本政策金融公庫支店は?

最終更新: 2019年11月7日



名古屋市昭和区で開業しようとした場合、日本政策金融公庫の創業融資はどの支店で申請すればよいのでしょうか。


ここでは、開業する際に参考にしたい名古屋市昭和区の魅力と、創業融資を担当している日本政策金融公庫の所在地などについてご紹介しています。


名古屋市昭和区の概要

はじめに、名古屋市昭和区の概要について見てみましょう。


名古屋市中央部にある文教地区

名古屋市南区は、文字通り名古屋市南部に位置する区で、名古屋市の中では4番目に小さな区です。千種区、中区、熱田区、瑞穂区、天白区に面しており、地下鉄桜通線と鶴舞線の2線が走るアクセス良好なエリアでもあります。


名古屋工業大学、中京大学、名古屋大学医学部のキャンパスなど多くの大学や高校もある文教地区で、ファミリー向けの住宅地と学生街の2つの側面を持っています。


都心にいながら緑の多い自然を感じる地域

昭和区は地下鉄だけでなく、鶴舞駅ではJRにも乗り換え可能です。名駅や栄といった名古屋市の都心へも30分以内で移動できるアクセスの良さにくわえ、鶴舞公園や興正寺公園などの規模の大きな公園もあり、自然や緑と触れ合える場所が多い特徴もあります。


ビジネスマンから学生、子育て世帯まで幅広い世代の人々が集まる昭和区は、ショップや飲食店、オフィス事務所など起業する場所としてもおすすめのエリアであるといえるでしょう。


名古屋市昭和区で起業する際のポイントは?

昭和区での起業もそれ以外のエリアでの起業も、基本となるポイントには以下のような点が挙げられます。


運転資金には余裕をもって準備しよう

起業時には契約やリフォームといった準備資金だけでなく、開業後も仕入れや細かな備品、消耗品などにかかる思わぬ出費が発生することもあります。


開業後して営業が安定するまでの運転資金は、多いにこしたことはありません。自己資金でギリギリOKだったとしても、念のため創業融資の申請などはしておくとよいでしょう。


名古屋市昭和区で創業融資の申請ができる日本政策金融公庫は?

名古屋市昭和区で起業をする場合、創業融資の申請先となる日本政策金融公庫の支店は以下の通りです。


名古屋市昭和区で創業融資を申請する際の日本政策金融公庫の支店

名古屋市昭和区が業務区域の日本政策金融公庫は以下の支店となります。

名古屋中支店:460-0003名古屋市中区錦1-11-20大永ビル

国民生活事業 052-221-7241

最寄り駅:各線伏見駅

中支店は、このほか中区、千種区、東区、北区、守山区、名東区なども業務区域としています。


名古屋市内にはほかに2店の日本政策金融公庫の支店があります。それぞれの所在地は以下の通りです。


名古屋支店:450-0002名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル

国民生活事業 052-561-6301

中小企業事業 052-551-5181

最寄り駅:各線名古屋駅、国際センター駅

業務区域:名古屋市西区、中村区など


熱田支店:456-0025名古屋市熱田区玉の井町7-30

国民生活事業 052-681-2271

中小企業事業 052-682-7881

最寄り駅:地下鉄名城線神宮西駅・JR熱田駅

業務区域:瑞穂区、熱田区、港区、緑区、中川区、天白区など


日本政策金融公庫の支店は名古屋市内で合計3店、愛知県内の支店を合わせると6つ支店があります。


中小企業の融資に関する相談や手続きは「中小企業事業」の管轄で、創業融資の相談や申請は「国民生活事業」の管轄となり、創業融資を申し込む支店は起業者の本社所在地となります。


名古屋市昭和区は住宅地と学生街、都心と自然の感じる地域などさまざまな人々が集まっている環境の良い地域で、起業時の創業融資の申請先となる日本政策金融公庫の支店は中支店となります。


起業前の準備で忙しいなら、日本政策金融公庫の創業融資に強い会計事務所などのサポートも受けつつ、融資の手続きを進めていくのがよいでしょう。