会社設立で資本金に借入金を充ててもいい? 考え方や資金調達方法を解説


会社設立時に必要となる資本金は、基本的には少額でも会社設立は可能です。しかし一定以上の資本金が必要な場合には、融資を受けて借り入れしたお金を資本金に充ててもよいのでしょうか。


借入金を資本金にするのは原則NG

結論から言うと、借入金を資本金に充てることは原則として認められていません。起業前に運転資金として融資を受けられた場合でも、借入金を資本金に充てることはできないのです。

日本政策金融公庫の新創業融資制度へ申請して融資を受けたい場合、資本金は100万円以上必要となります。

融資の条件で資本金が必要となる以外にも、業種によっては取引先への信用度に関わる場合もあるため、一定額以上の資本金は準備しておいたほうがよいでしょう。


資本金を調達するにはどうすればいい?

資本金を借入金に拠らず調達するには、以下のような方法を選択します。


個人で融資を受けた借入金を資本金に充てる

会社として融資を受けた借入金を資本金に充てることはできませんが、経営者個人が融資を受けた額を資本金に充てることは可能です。


クラウドファンディングを利用する

クラウドファンディングとは、オンライン上で事業にかける熱意や公共性、将来性などをアピールし、出資者を募る制度のことです。

目標額が高額であるほど達成が難しくなりますが、クラウドファンディングで調達したお金は資本金に充てることが可能です。


また、株式会社であれば、株式を発行して株主に出資してもらう方法が一般的となりますが、規模によってはクラウドファンディングのほうが目標額を達成しやすい場合があるでしょう。


上記のいずれも選べない場合は、資本金を少額からスタートするか、貯金が目標額へ到達するまで待つことになります。


会社設立や資本金、運転資金などの相談は起業サポートに強い税理士事務所へ相談を

会社設立時には資本金だけでなく、登記書類の作成や融資に関することなど、お金の面でアドバイスを受けたいことが山のように出てきます。

会社設立と融資申請、各種補助金や助成金の申請などにもスムーズに進めるための手順や戦略があり、順番が前後してしまうと融資が受けられなかったり、希望したよりも少ない額の融資しか実現しなかったりするケースもあります。

限られた時間の中で会社設立をスムーズに進めて、資金繰りや資本金、融資に関する計画について「これでいいのかな?」と迷うことがあるなら、ひとりで悩まず起業サポートに強い税理士事務所で無料アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。