創業融資の申請を税理士に依頼したほうがよいのはなぜ?


創業融資の申請は、起業しようとする本人が申請することもできますが、「税理士へ依頼したほうが審査に通りやすい」「税理士のサポートを受けると借入額が増える」といった話を耳にすることがあります。創業融資の申請は、本当に税理士へ依頼したほうがよいのでしょうか。


創業融資の申請でもっとも重要なのは書類作成

創業融資とは、日本政策金融公庫が取り扱う融資のひとつで、起業を検討している人や起業して間もない人へ事業資金として貸し付けを行っている制度です。

日本政府が出資している金融機関のため、ほかの銀行や信用金庫などに比べると融資が受けやすく、低金利で長期返済が可能なため、起業する際にはぜひ利用したい制度でもあります。

ただし、融資が受けやすいとはいえ、創業融資の審査に通過できない場合や、希望額の融資が受けられない場合も決して少なくありません。

こうした人のうち、ほとんどが創業融資の審査で重要となる創業計画書や企業概要書をうまく作成できていないケースが多いのです。


すべての税理士が創業融資の書類作成に強いわけではない

創業計画書や企業概要書は、起業しようとしている、または起業後間もない事業の発展や経営能力がしっかりとアピールできる、説得力のある内容にすることが大切です。

この書類作成について税理士にアドバイスを受けたり、作成代行を依頼することで、書類作成にかかる労力を抑え、創業融資の審査に通過しやすくなったりするメリットが得られます。しかし、すべての税理士が創業融資の書類作成に長けているわけではありません。

法人税の決算や確定申告のみを扱っている税理士事務所では、起業や創業に関するノウハウを持たないため、創業計画書作成に必要なヒアリングが不十分だったり、ポイントを押さえた書類作りができなかったりする税理士も実は多いのです。


創業融資の書類作成代行は実績・強みのある税理士事務所へ依頼しよう

創業融資の審査で重要となる創業計画書や企業概要書の作成は、依頼するべき税理士を間違えてしまうと、書類作成にかかる手間は削減できても、自力で作成したものと変わらない内容となってしまうケースも考えられます。

融資希望額と現在の状況、今後のプランなどについて丁寧にヒアリングし、ポイントを押さえた書類作成が可能な税理士を見つけるには、創業融資サポートに実績のある税理士事務所の無料相談を利用するとよいでしょう。無料相談でどの程度しっかりと話を聞いてくれるかによって、その後の依頼を判断すれば、起業後に必要な運転資金も融資が受けられる可能性が高くなるでしょう。

(c) 名古屋創業融資サポートセンター 運営:株式会社コンサルト